沖縄に行ったら食べたいもの

定番!沖縄ソーキそば

〈沖縄そば〉 もともとの沖縄そばとは、きしめんによく似た麺で、豚骨でダシを取ったスープに醤油を加え、豚肉にネギをトッピングした、大変シンプルなものでした。しかし現在では、ソーキそばや、軟骨そばや、てびちそばなど、全てを含めて沖縄そばと言われています。なので、ソーキそばも沖縄そばに違いありません。そこから塩ベースのスープに、豚の三枚肉、かまぼこ、紅ショウガにネギなどの具材が加えられ、現在の沖縄そばのスタイルになったと言われています。 〈ソーキそば〉 沖縄産の黒糖や泡盛、醤油などを使って、甘辛く炊いたソーキをトッピングに使った沖縄そばのことを指します。ソーキとは、豚のあばら骨の部分を煮込んだ物のことです。

知られざる地元お菓子!うむくじ天ぷら

うむくじとは「芋くず」がなまった呼び方です。芋くず(さつまいものでんぷん)と紅芋で作られる、いももちに似た揚げもの料理です。モチモチしたお餅のような食感と、紅芋の香りや甘さ、天ぷらの衣がとても美味しいです。沖縄では、おやつとして食べられており、幅広い年代から人気の郷土料理です。あまり日持ちしない為、県外にお菓子として持ち出されることは少ないようです。沖縄では、ポピュラーなお菓子ですので、スーパーや高速道路のサービスエリアで売られています。逆にお土産屋さんにはあまり置いていないので、気をつけてください。売り場の人ならだいたいの方が知っていますので、買えるスーパーも教えてくれます。沖縄ならではのお菓子ですので、是非味わって帰ってください。